試用期間内での返金サービスとは

転職をサポートしてくれるサイトは、企業側にとってもメリットがあります。優秀な人材を確保できる可能性があるからです。ただ企業としては、少なからず不安を覚えている事もあります。退職に伴う費用リスクがあるのですが、マイナビエージェントというサイトには、それに関わるメリットが大きな制度を採用しています。

1.生じる料金に対する不安

そもそも企業側が転職サイトを利用する時には、費用はかかります。無料ではありません。それだけに人手を求める企業側としては、費用に関する不安点が浮上する事もあります。企業にとっては売上数字は、確かに大切ですね。特に万が一の際の不安点などは、かなり大きいこともあります。

2.退職時の費用リスク

例えば、退職に関わるリスクです。そもそも人手を確保したからといって、必ずしも長期で働いてくれるとは限りません。というのも、人によっては「この企業は自分に合わないので、退職します」と申し出てくる可能性もあるでしょう。使用期間中にそのような話を持ちかけられるケースは、意外と多いです。

それで問題は、退職時の料金ですね。辞めてしまうのは仕方がないとしても、やはり会社としては予算の問題があります。少なからず費用を支払う訳ですから、企業にとってはマイナスになってしまうでしょう。

3.お金が戻る安心感のメリット

ところで上記のマイナビエージェントというサイトは、このような時に備えて返金システムを採用してくれています。上記のように誰かが辞めた時には、お金は戻ってくるのです。企業側としては、それで安心感を覚えられる訳です。万が一の時でもお金が戻るのは、確かに嬉しいですね。

4.お金が戻る主な条件

ただしこの返金には、いくつかの条件はあります。それは下記の通りです。
・試用期間中に退職している
・3ヶ月以内に退職
・全額返金ではない

したがって採用してから4ヶ月後や半年後などに退職した時には、返金対象にはなりません。最初の3ヶ月間で、採用した方を見極める必要があります。また「全て」のお金が戻る訳でないのも、要注意ですね。

不採用時でなく採用後の返金

なおこの返金システムは、あくまでも試用期間中に退職した時に適用されます。そもそも面接の段階で不採用にした時には、料金が徴収されることもありません。マイナビは成功報酬型なので、不採用時は無料になります。

そうではなく採用してから3ヶ月以内に辞めた時に返金される訳ですね。いずれにせよお金が戻る訳ですから、人手を求める企業側にとっては、やはり嬉しいシステムの1つと言えるでしょう。

人事の視点 |人事から見た採用基準 – Nifty転職

マイナビエージェントを利用する方々の転職回数はどれ位か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です